小さな発見を大切にしよう

算数の問題は、さまざまなパターンがありますが、そこで自分だけが気づける、小さな気づきを大切にするようにしてください。これは、どの問題でも大切なことなのですが、どうすれば問題を解くことができるのか、ということを意識して問題に対応をすることが大切です。自分でどのような問題を解くのがよいのか、ということを見つけることで、色々と解き方を発見することができますし、解き方もかなり広くしていくことができますから、ぜひその方法を具体的に見つけるようにすることをお勧めします。

算数の問題では、小さな気づきを一つずつ増やしていくことによって、解き方も格段と広げていくことができます。どうすれば難しい問題を解けるようになるのか、ということをぜひ、早めに意識をして、問題を解くようにすれば、格段と難しい応用問題も解けるようになります。ぜひお子様には算数を嫌いにならず、根気を持って問題を解く気持ちを持ってもらうようにすることをお勧めします。

その気持ちがあれば、幅広い問題に対してもスピーディに解くことができるようになります。どうやって問題を解くのが良いのか、ということを是非意識してもらい、正確に問題を解けるようにすることで、正答率もアップしますから、ぜひその意識を持ってもらうようにすると良いでしょう。