消去法を考える

算数の問題を解こうと思う時には、どうすれば解答に結び付けることが出来るのか、ということをある程度、具体的に計算をまとめておくようにすることです。そのためにも、問題で「このような答えにはならない」という消去法を知っておけば、間違った答えや方法を採らないで済みます。問題によっては、ある程度答えが限定される問題もありますから、その算数の問題の矛盾について知っておくようにすることで、計算の結果も確実に高くすることができます。

どういう問題をどうしていけば、答えを導き出せるのか、ということを知ることで、計算の結果も必然的に高めることができます。消去法でどのような解き方がベストなのか、ということを知っておくと、それでミスを減らすことができますし、冷静に計算をしていくこともできます。

自分である程度、これらの問題について計算や方向性について知っておくことによって、間違いも減らすことができますから、ぜひその方法についても具体的に知っておくようにすることをお勧めいたします。ある程度、計算について自信があるお子さんでも、間違いを減らすためにも、正しい方法はどのようにしていけばよいのか、ということを知っておくと、必然的に答えに結び付く部分も多くなります。